Uncategorized

Facebook広告カスタムオーディエンスの活用方法

こんにちは、ラセサスです。

Facebook広告を運営するにあたって重要な要素のひとつが「カスタムオーディエンス」です。

カスタムオーディエンスを上手く活用できるかどうが、Facebook広告で成功できるかどうかといっても過言ではありません。

Facebook広告のカスタムオーディエンスとは

通常のビジネスであれば、すでに会社の顧客なっている人のデータ(メールアドレス、電話番号、FacebookユーザーIDなど)を元にして、その人達と似ている人の集まりを作る機能です。

これからビジネスを始める場合は、アフィリエイト広告の場合は、顧客のメールアドレスや電話番号を持っていませんので別の方法でカスタムオーディエンスを作成します。

例えば、商品の販売ページ、購入完了ページ、メールアドレス登録完了ページなど、ユーザーの特徴となる行動に合わせてFacebookピクセルを設置してカスタムコンバージョンを設定しておきます。

そして、同じ行動をするユーザーを類似ユーザーとして、カスタムオーディエンスに設定できます。

Facebook広告がすごいのはAI学習によって類似ユーザーを集める制度が高いところです。

類似ユーザーを集めたリストを類似オーディエンスとして作成します。

そして、作成したカスタムオーディエンスや類似オーディエンスに対してのみ広告配信をできるので広告効果が高くなります。

ぜひ、Facebook広告のカスタムオーディエンス機能を活用してみましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。